welcomeリバーサイドカフェへようこそ!

目次

2016年1月、出町柳にちょっと変わったカフェが誕生しました。

出町柳駅からリバーサイド川端通を上ること7分、下鴨神社からほど近くに、リバーサイドハイツというアパートがあります。その一室をリノベートしたのがリバーサイドカフェ。日替わり店長のお店で、1つのカフェの中に、なんと最大21軒の飲食店が入っています。


タイムシェアカフェとは

リバーサイドカフェは、月曜から日曜まで、朝・昼・夜と曜日と時間帯によって店長もメニューも全く変わる“タイムシェア”のスタイルで運営しています。毎曜日・毎時間違う味が楽しめ、いろいろなキャラクターの店長に出会える場所です。

毎日、各店長の想いの詰まったお店がオープンしています。喫茶はもちろん、焼きそば専門店や、餃子と野菜ヌードル、東北や五島列島の郷土料理からVegan(動物性の食材を一切摂らない主義のこと)まで多種多様なお店が展開されています。店長さんたちは年齢も大学生から70代の方までさまざま。別に本業を持ちながら週1回お店を運営しています。飲食店で働いているひとも多いのですが、中にはデザイナーやお針子、マッサージ師なども。さまざまな職業・いろいろな考え方のひとに出会えるのもリバーサイドカフェの魅力の1つ。とってもカラフルなお店なんです。


リバーサイドカフェができるまで

実はカフェの入っているリバーサイドハイツは築40年を超える古い物件。リノベーションしなきゃなぁというタイミングで「これからのアパートにはコミュニティが必要だ」という発想が生まれ、コミュニケイトしやすい場所であるカフェをアパート内部につくることとなりました。

京都では、町家再生が注目されていますが、 昭和の時代に建築された古ビルも活かしていきたいところ。リバーサイドカフェのプロジェクトは、古いアパートを単なるの場としてとらえず、訪れる人たちと豊かな時間を過ごし、美味しくて楽しい暮らしのできるコミュニティスペースを目指して企画・システムデザインされました。

また、運営会社がデザイン会社で、飲食店の店舗プロデュースも行っていたこともあり「これから飲食店を開く若者の背中を押すような場所にしたい」という2つの異なる展望が組み合わさって、「週に1回自分のアイディアでお店を運営する日替わり店長のお店」という、不思議なお店が生まれたのです。


現在営業しているお店紹介

カフェがオープンしてから1年で、30店舗ほどがニューオープンしたり卒業したりと入れ替わってきました。
卒業して独立した店長さんもいます。現在営業中のお店は16店舗。同じスペースも、店長とメニューが変わると雰囲気がガラッと変わります。相性のいい店長さん、好きなメニューをぜひ探してみてください。

お店記事へのリンク

カフェに併設された管理人室は古着スペースbridgeとなっています。「捨てるよりは誰かに使ってほしい」とお譲りいただいた衣服を運営費程度の100円~1000円で販売しています。詳しくはこちらの記事をご覧下さい。


営業時間・アクセス

2週間に一度、週末に2週間スケジュールを発表しています。
臨時休業やいつもの店長が休んで他のお店が代打で営業する日もあります。
FacebookTwitterInstagramにもUPしていますのでお出かけ前にお確かめください。

各店舗の営業時間も合わせて掲示しています。

アクセス

リバーサイドカフェに来られる場合、電車であれば、京阪電車出町柳駅が便利です。駅を出られたら川端通を7分ほど北上してください。下鴨署を越えて、御蔭橋のローソンとニッサンの間にあるアパートがリバーサイドハイツです。

京都バスであれば大原線にて御蔭橋にて下車。徒歩30秒程度です。

こんな入口と看板が見えます。

壁に装飾された線をたどって、おそるおそる廊下を進むと、一番奥の105号室にリバーサイドカフェはあります。


日替わり店長募集中です

 

空き枠があれば、新店長さんは常に募集しています。食材とアイディア、行動力さえあれば、週に一度自分のお店を持つことができます。詳しくはこちらをご覧ください。

カフェは、Wifiも完備。カウンター席でおしゃべりに花を咲かせたり、ソファ席でゆったりひとりの時間を過ごすこともできる、自分仕様に楽しめる場所です。お茶しに、仕事しに、読書しに、ミーティングしに。気になるお店を選んで、ぜひいらしてください。

リバーサイドカフェ所在地

〒606-8101 京都市左京区高野蓼原町25リバーサイドハイツ1F奥

営業時間は、朝7:30~11:00、昼12:00~17:00、夜18:00~23:00です。
お店は曜日により異なります。詳しくは2週間スケジュールをご覧ください。
年末年始のみお休みです。