【リバーサイドで暮らそうvol.1】川の流れのように穏やかな暮らし。

【リバーサイドで暮らそうvol.1】川の流れのように穏やかな暮らし。

京都に暮らして早8年。「京都に川があって良かった!」と何度も思いました。

河川敷は、友人とランチしたりお喋りしたりする時は公園として、運動するときは運動場として、ひとりでいたいときは喫茶店のような存在にもなってくれる存在です。三条・四条の鴨川で等間隔に並ぶ恋人たちは京都のひとつの景色となっていますし、自転車で市内の南北を移動する場合の重要なルートでもあります。京都の生活に川は欠かせないのです。

京都を空から見ると、鴨川と高野川で大きなYの字が描かれるのですが、リバーサイドハイツは、Y字の又の右上に位置しています。京阪電鉄出町柳駅から川沿いに歩くこと徒歩8分のレトロなアパートです。

リバーサイドハイツは高野川から川端通を挟んで東側に建っているのですが、全22戸中、4部屋のみが自室の窓から川を眺めることができます。他の部屋よりも小さめではあるのですが、ベランダからの眺めはまさにリバーサイドです。

川に向かって窓が配置されているので開放的で明るい窓辺。向かいに建物がないので、カーテンを開けて自然光で読書ができるのは、本好きには嬉しいですね。

お休みの日、お気に入りの音楽を小さく流しながら読む小説。生活のなかのささやかな喜びです。

収納スペースはひとり暮らしにはちょうどいいくらいのサイズ。部屋によって仕様は違いますが、このクローゼットであれば洋服をシワなくハンガーに吊るしておけそう。

洗濯物を干すときに、ベランダから見える景色は季節おりおり。春なら桜を見ながら作業できます。家事が少しだけ楽しくなるかもしれません。

間取り・物件詳細はこちら。
お家賃は40000円(敷金0円・礼金12万円)
共益費 6000円 水道代 2000円
ベッド・デスク・チェアー・トースター・電子レンジ・冷蔵庫・テレビ・掃除機が付いています。
家具無しプランや短期滞在プランもありますのでご相談ください。
インターネット無料/ガスコンロ対応/都市ガス/バルコニー/エアコン/駐輪場/コインランドリー

Writer
【リバーサイドで暮らそうvol.1】川の流れのように穏やかな暮らし。

リバーサイドカフェ管理人

もちき

RELATED関連記事