【火曜朝枠のお店紹介】二日酔いの人にも、和食が食べたい人にも。味噌汁モーニング 馬鹿の店

【火曜朝枠のお店紹介】二日酔いの人にも、和食が食べたい人にも。味噌汁モーニング 馬鹿の店

火曜朝枠の「馬鹿の店」はフリーランスエンジニアのひろこなが店主の、味噌汁朝ごはんのお店です。

たまには自炊もするし食べ歩きも好きでいろんなものを食べてきましたが、本職はWebサイト制作をするフロントエンドエンジニアです。なぜ本職エンジニアの人が味噌汁作ってるの?

店主はコミカルキャラなのに喋りベタなので、この記事で紹介させていただきます。

きっかけは突然に。

フリーランスになる前に勤めていた会社はデザイン会社でした。
仕事への責任感と実装の楽しさに没頭するあまりついつい遅くまで仕事をしてしまう日々が続きました。しかしこのままのペースで働けるだろうかと考え始めた昨年、実は親が多忙な私が心配しないようにと内緒で手術を受けていたことを聞き、仕事以外のこともケア出来るバランスを模索し、フリーランサーとなることを検討し始めました。

やってみたかったこと、やってみよう!

仕事の打ち上げや相談などで飲みに行くことが多かった私は、二日酔いになることも多く、いつも「二日酔いのとき、朝からお出汁が啜れる店が欲しい〜」とずっと言っていました。話すたび、毎回賛同は得られるのですが、賛同するだけで誰もやってくれそうにないな~と思っていた矢先、前職OBからリバーサイドカフェの存在を教えてもらいました。シェアカフェ?時間も限定?フリーになったら週に一度ならチャレンジ出来るかな?
そして自分の中で退職を決意した頃、試しに水曜の五島Barにお話を聞きに行って、あれよあれよと出店することになりました。
管理人の持木さんのお話や集まった常連の皆さんのくつろいだ感じ、その後行った朝枠のGINGA☆BakeryさんやCooReeCafeさんのお優しい人柄に惚れ込んで、こんな人達と知り合ってみたい!と思ったのも大きかったです。
最初は二日酔いの店やし土曜朝枠がいいな~、と空想していたのですが、空想している間に現土曜朝枠の朝うどんさいとうさんが入ることが決まっていました(笑)。そして当時空いていた火曜朝枠でスタートと相成った次第です。

お出しするなら自分が食べたいものを

コンセプトはあったものの、お出しするものは色々と悩みました。京都の朝ごはん屋さんは、料亭や割烹でいただくこだわり抜いた和食か、昔からのカフェ文化のパン食がメインやな~と思うのですが、質素でもいちから出汁をとっていて千円以下でたまに行って食べられる素朴な朝ごはん、というのが嬉しいなというのはなんとなくありました。

現在お出ししているメニューは塩にぎりと味噌汁がベース。ルイボスティーが無料でつきます。(だいたい450円〜950円)
素材に関しては、自分が普段から口にしている安心して食べれるものを、と思っています。塩にぎりのお米は下鴨、はちぼく屋さん(http://8bokuya.com/)の減農薬米を8分づきで。もちもちとしてほぼ白米に感じられるのに栄養価も高く(金芽米のような感じ)、食べやすいこのお米が私の理想です。

味噌汁は某昆布店の北海道の真昆布と某鰹節やさんの厚削りの混合節でじっくり取った出汁を使い、シンプルな具材+赤味噌、白味噌、合わせ味噌の選択制となっています。

その他、日により、出汁巻き・おばんざい盛り・焼き魚・豚汁などをお出ししています。

お店のキャッチコピーは「二日酔いのときに啜りたい汁」なのですが、なかなか火曜の朝から二日酔いの方はいらっしゃいませんね(笑)。

テンパり気味ですが

準備しているとどうしてもバタついて作業に集中してしまうのですが、お汁を飲んだお客様の「ハァ〜ッ」という解けていくようなため息を聞くと、「ですよね!朝からお汁うれしいですよね!!」と思って嬉しくて、脳内で小踊りしています。

店の日以外は普段一人でサイト制作をしているため、朝から皆さんがくつろいでいらっしゃるのを見たり、お話をお聞きするのが毎週楽しみです。

ちょっとした季節の会話や、趣味のお話をさせていただくことも増えてきました。グルメなお姉さん、旅好きな先達、研究者の方、写真が趣味の学生さん…たくさんの価値観、たくさんの切り口。店主は基本緊張しぃですが、たまにエイヤと話しかけます。
あ、お友達と来ている方やパソコン作業されている方はもちろんそっと見守りますよ!
お料理や会話でみなさんの心が休まり、用事や仕事の前とかに立ち寄ってちょっと元気がプラスされる空間になっていれば嬉しいです。

試行錯誤

退職前の有給消化の1ヶ月はずっと出汁を取って過ごしました(笑)。
飲食店で働いたことはあっても調理のメインははじめてだったので安定した味を出すのが難しかったんです。
自分のために作るお料理と、お客様に出すお料理の違いに度肝を抜かれ、お出汁を常に一定のクオリティにする、同じ予算で毎週お出しすることに悩みながら毎日出汁ばっかり啜っていました。

その間、朝枠のフライヤーを制作の過程で、日曜朝枠のCooReeさん、土曜朝枠のさいとうさんや、当時の木曜昼枠のあずきさんにお出汁相談をしアドバイスを頂き、とても感動しました。リバーサイドカフェの店長さんたちは本当にあったかい…!(何回言うんや)

その他にも、リバサイのお酒類を配達してくださっている酒屋さんや、たくさんの出汁屋さん(谷六とか、仁王門とか、出町の)に相談しに行きました。私がギラギラしていたからか、みなさんシロウト相手にたくさんの説明をしてくださりました。感謝しか無いです。

これから

引き続きお味噌汁をお出ししつつ、「二日酔いのときに」と銘打っているくらいなので、いつかしじみ汁をお出ししたいです。
実は前職の有給消化のときにしじみを大量購入して試行錯誤していたのですが、どうにも納得するところまで行かず…!いまは本業がバタバタしているので、落ち着いたらまた研究をしたいです!

あと、最近、和装の初歩を習ったので近いうちに着物に割烹着の「おかみスタイル」でみなさんをお迎えできればと思うのと、開店の際に張り切って英語版メニューを作ってみたのですが、外国の方はまだ来られていないので、外国の在住の方やツーリストの方にも来ていただけるようなお店にするにはどうすればいいかな?ともちょっと考えています。

なんにせよリバーサイドカフェ自体が面白い場所なので、常連さんもご新規さんも、店長仲間もWeb界隈の人たちも、みんな一緒に盛り上がって行けたらなと思っています! ぜひ遊びにいらしてくださいね!

RELATED関連記事